Loading...
韓国観客動員数750万人突破の大ヒット作!韓国興行収入3週連続第1位
日本警察vs義烈団 運命の歴史に名を刻め!

INTRODUCTION

韓国映画史上に残る究極の秘密諜報サスペンス巨編誕生!

日本統治時代の1920年代を背景に、独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」と 彼らを追う日本警察との攻防をスリル満点に描いた究極の秘密諜報サスペンス巨編。

監督は『悪魔を見た』(10)で知られるキム・ジウン。主演は、数々のヒット作に主演し、 『弁護人』(13)で迫真の演技を見せたソン・ガンホ。本作では朝鮮人の日本警部を演じ、 日本語のセリフにも挑戦している。義烈団を率いるリーダー役には、 『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)のコン・ユ。義烈団の中心メンバーで 謎の美女役に「屋根部屋のプリンス」(12)に主演し、日本でも人気の女優ハン・ジミン。 『コインロッカーの女』(15)のオム・テグ、「星から来たあなた」(13-14)の シン・ソンロクのほか、義烈団の団長役でイ・ビョンホンが特別出演し、圧倒的な存在感を 放っている。また、日本警察の組織のナンバー2である総督府警務局部長役で鶴見辰吾が出演、 重厚な演技を見せている。

2016年に韓国で劇場公開後21日にして観客動員750万人を突破し大ヒットを記録。 韓国映画界でのヒットメーカーであるキム・ジウン監督が国民的俳優ソン・ガンホと 組んだ4本目の作品は、ワーナー・ブラザーズ・コリアでのローカルプロダクション 第1回作品として世に送り出された!

STORY

朝鮮人でありながら日本の警察に所属するイ・ジョンチュルは、義烈団を監視しろ、 と部長のヒガシから特命を受ける。義烈団のリーダーであるキム・ウジンに近づき、 ウジンと懇意になるジョンチュル。しかしそれは、義烈団の団長チョン・チェサンが イ・ジョンチュルを“義烈団”へ引き込むための餌だった。 義烈団と日本警察の情報戦が展開する中、義烈団は上海から京城(現ソウル)へ向かう 列車に日本の主要施設を標的にした大量の爆弾を積み込むことに成功。敵か味方か、 密偵は誰なのか、互いに探り合いながら爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが、 そこで待っていたのは・・・。

疑うべきは敵か、味方か

STAFF

キム・ジウン監督

キム・ジウン監督

1964年7月6日、ソウル生まれ。1983年、ソウル芸術大学演劇科に入学するが、 軍隊に入隊した後に大学を中退。ピョン・チャンホ監督の助監督として映画界入りし、 『幼い恋人』(94)の助監督を担当するが、その後は演劇界で活躍する。 98年、『クワイエット・ファミリー』で映画監督デビュー。コミックとホラーという、 相反する二つのジャンルを融合させた新しい映画であり、 スターに依存しない映画作りが高く評価された。 ソン・ガンホ主演のプロレス映画『反則王』(99)が大ヒット。 ホラー映画『箪笥』(03)、イ・ビョンホンを主演に迎えた『甘い人生』(05)が 次々とヒットし、“ヒットメーカー”としての地位を確立した。 2008年『グッド・バッド・ウィアード』で第29回青龍映画賞にて監督賞を受賞。 続くスリラー映画『悪魔を見た』(10)は海外の映画祭でも高く評価され、話題を呼んだ。 13年にはアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ラストスタンド』で ハリウッド映画デビューを果たす。本作はソン・ガンホとの4度目の共作であり、 コン・ユやイ・ビョンホンら人気俳優たちの豪華共演も大きな注目を集め、 韓国内で750万人を動員し大ヒットを記録している。

CAST

ソン・ガンホ コン・ユ ハン・ジミン 鶴見辰吾 オム・テグ イ・ビョンホン

CREDIT

【スタッフ】
監督:キム・ジウン
プロデューサー:チェ・ジェウォン
脚本:イ・ジミン、パク・ジョンデ
撮影:キム・ジヨン
照明:チョ・ギョユン
編集:ヤン・ジンモ
美術:チョ・ファソン
音楽:モグ
衣装:チョ・サンギョン
ヘアメイク:キム・ソヨン

【キャスト】
イ・ジョンチュル:ソン・ガンホ
キム・ウジン:コン・ユ
ヨン・ゲスン:ハン・ジミン
ヒガシ:鶴見辰吾
ハシモト:オム・テグ
チョ・フェリョン:シン・ソンロク
チュ・ドンソン:ソ・ヨンジュ
キム・サヒ:チェ・ユファ
ルドゥビク:フォスター・バーデン
キム・ジャンオク:パク・ヒスン
チョン・チェサン:イ・ビョンホン

THEATER

全国共通特別鑑賞券発売中

▼特典付き全国共通券のWEB購入はこちら

こちらの映画の前売り券がすぐ買えます
前売り券
ポストカード1 ポストカード2 ポストカード3

北海道・東北

都道府県 劇場名 公開日
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 11月11日
北海道 苫小牧シネマ・トーラス 近日
青森 フォーラム八戸 12月23日
宮城 フォーラム仙台 11月25日
山形 フォーラム山形 12月30日

関東・甲信越

都道府県 劇場名 公開日
東京 シネマート新宿 11月11日
東京 立川シネマシティ 11月11日
神奈川 ムービル 11月11日
神奈川 109シネマズ川崎 11月11日
千葉 T·ジョイ蘇我 11月11日
埼玉 シネプレックス幸手 11月11日
群馬 シネマテークたかさき 11月11日
茨城 シネプレックスつくば 11月11日

中部・北陸

都道府県 劇場名 公開日
愛知 センチュリーシネマ 11月11日
愛知 ユナイテッド·シネマ豊橋18 11月11日
静岡 シネプラザサントムーン 近日
山梨 シアターセントラルBe館 近日
長野 長野ロキシー 2月3日
岐阜 CINEX 12月30日
新潟 シネ・ウインド 近日
石川 シネモンド 近日
三重 伊勢進富座 近日

関西

都道府県 劇場名 公開日
大阪 シネ·リーブル梅田 11月11日
大阪 シネマート心斎橋 11月11日
京都 T·ジョイ京都 11月11日
兵庫 シネ·リーブル神戸 12月9日

中国・四国

都道府県 劇場名 公開日
広島 八丁座 1月6日
岡山 シネマ・クレール 12月16日

九州・沖縄

都道府県 劇場名 公開日
福岡 KBCシネマ 11月11日
福岡 ユナイテッド·シネマなかま16 11月11日
長崎 長崎セントラル劇場 近日
大分 シネマ5 12月30日
熊本 Denkikan 12月16日
宮崎 宮崎キネマ館 1月6日
鹿児島 天文館シネマパラダイス 12月1日
page top